【 J.S. CURRY (ジェイエスカリー)】スペシャリティカレースタンド・みなとみらい東急スクエア 都内で人気の話題店がみなとみらいに!パクチー&ナッツ?!タイカレーか!?気になって食べてみた


P_20191212_130927.jpg
様々なレシピと渋谷を中心に展開して

人気のカレー店が

みなとみらい東急スクエアに

2019年11月20日(水)にオープン!

B1Fです。

P_20191212_131134 (1).jpg

P_20191212_130905.jpg

P_20191212_130913.jpg

サイネージやメニューを見ると

練りに練って作り上げた

ブランディングへの

強い拘りが感じます。
JSCキャプチャ.JPG
今回はコチラ👇

P_20191212_130852.jpg

ジャパンブランドのカレーに

パクチーとナッツって

おいおい!もはやタイ料理!

そこで、気になっていた

シグネチャーメニューの

J.S.CURRYを頂きます。

カレーパンも気になるが、、、

(ポンパドールの近所で強気です)

JSかりー.JPG

料理の提供に期待が膨らみます。

店員さんがテンション低いので

どうしたのかな、、、と思いました。

笑顔も無く、つまらなそうにして

嫌な事でもあったのかな、、、

元気出してね!!

DSC_4805.JPG

はい!来ました!

ご飯が右がデフォルトですが

日本人はご飯左でしょ!?と

左右逆にしてしまいました。

🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄
 ≪ 個人的な感想 ≫

ブランデングでは

ご飯とカレーの境目を中心に

パクチーや具材を盛りつけて

見栄えと共に

味の幅、風味の強さを

食べながら調節して

このレシピ楽しんでね!

って、受け止めてましたが、、、

広げてる、、、

これで正解なの??

お肉はカレーに浸さず

中央に見えているのに

届いた料理は

肉無い!!

(カレーに浸っていた)

イメージ画像以上なのは

パクチーの量

バランスが、、、

ブランディングイメージの

再現が繁盛最短と思うが・・・



🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄🐄

今回の実食テーマはタイなのか!?

なので

早速頂きましょう!!

~~~~~~~~~~
そうしている間にも

このビルで勤務であろう

女子たちがこぞって来店
~~~~~~~~~~

DSC_4806.JPG

どうですか!

このパクチーとピーナッツ

完全にタイ料理のそれです。

DSC_4807.JPG

実際にはフライパンなどで

炒めて香りのたったナッツを

細かく、細かく砕いて

サラダやソースにあえます。

イタリアンでカリカリベーコンを

フライドガーリックに合わせて

サラダやソースに加える感じです。

DSC_4808.JPG

DSC_4809.JPG

エスニック(アジアン)

タイ料理=パクチーという!!

大勘違い!!いやいや

大間違いが浸透した日本では

この位じゃないと

インパクトないのでしょうかね。

でも美味しそうです。

DSC_4813.JPG

写真では見えにくい

きゅうりの

キューブカットが

ひんやり&シャキシャキ

カレーはホクホク

ピーナッツはゴリゴリ

そこにパクチーの香り

想像を超える食感と

複雑な味は

アジアンってより

創作和食ダイニングの

アジアンメニューの中で

カレー編といった印象


ファーストインパクトは

美味しいも不味いも感じず

??????????

でした。

DSC_4815.JPG

卵は、、、

普通です。

いざ!

今一度!!

DSC_4816.JPG

少量だと普通に美味しいです。

なるほど

カレーメニューですが

お上品に

少しずつ

口に運ぶと

その味わいが程よいです。


この時来店していた

男性客でJSをオーダーは

自分だけだった事に納得!


DSC_4817.JPG

そうなると食べ方が

分かってパクパクと

小刻みに、軽快にいけます。

流石にパクチー多いね

もう永くタイ料理食べているから

美味しいけど

ストライクゾーン攻めるなら

ブランディングの通り

好みで嫌いな具材

避けられるように盛ったら

もっともっと人気出るお店です。

惜しい!!!

DSC_4818.JPG

DSC_4812.JPG

DSC_4811.JPG

DSC_4810.JPG


はい、今回気になっていた

『 タイなのか?!』

タイ料理ではありません

アジアンでもありません

東京のカレー専門店が

アジアンテイストを加えた

変化球カレーでした。

でも女子は大好きな味なはずです。


是非是非お試しを!!!


店員さん頑張って!!!!






この記事へのコメント

スポンサーリンク