【 玉ゐ 】~棒寿司~日本のおへそ日本橋にその江戸前の伝統と歴史を伝える老舗 たまいさん ” 穴子料理専門店 ” 棒寿司はお土産に最適  関東の魚介を避けている九州、四国、東北、北海道の皆さんも食べてみて貰いたい

IMAG0851.jpg




様々な人と出会い

共に働き、今を過ごす中で

高級料理の美味しさは関東というのは

非常に定評がある中で

どうも魚介類となると

九州、東北、北海道の皆様に

なかなか満足いただけません、、、

先日もとある札幌の方が帰省し

「食い溜めしたきたから

これで当分魚介は要らない!」と

横浜生まれ、横浜育ち

関東を中心に勤めてきた

脱サラ組としては非常に残念な言葉

ハーバーや崎陽軒は勿論ですが

相模湾、東京湾の地の物を

食べて貰いたいなぁ~

朝獲れのシラスとか

湘南海岸にある一定の時期だけ

押し寄せるコノシロの大群を

使ったコハダとか、、、

季節の旬をネタにもてなす

江戸前の美味しいやつ

食べさせたい!!





でも正直、今の時期は難しいので

江戸前のネタとしては

定番のアナゴの棒寿司を紹介します。

お店についてここで触れる必要の無いほどの

名店であり、老舗

日本橋の本店では毎日その

軒先でお土産用に棒寿司が販売されています。

お米は押しずしのように少し

ギュッと押されて粘り気が際立ち

アナゴの蒲焼にされた香りと

身の柔らかさに

鰻のそれとは異なる

クセの無さと味わい

IMAG0853.jpg

こういった関東ならではの

郷土品を召し上がっていない方は

是非とも一度ご賞味ください。

勿論、店舗でハコメシが一番の

おススメです。

が、決して安くないので、、、

玉ゐさんのグーグルマップアはコチラ👇


お店の公式ホームページは👇コチラから

【 日本橋 玉ゐ 】👈クリックでジャンプ





≪≪≪≪≪≪≪≪ 関 連 記 事 ≫≫≫≫≫≫≫

もも 修正済.jpg

地物のアナゴを刺身で楽しめる

野毛の居酒屋 【 もも 】

記事は店名をクリック👆でジャンプします。

この記事へのコメント

スポンサーリンク