【 ミートカフェオジマ 数量限定 ビーフヒレカツ 1000円 】 ビーフでこの価格とボリューム~大満足ランチを堪能  THE MEET CAFE OJIMA Since 1923

DSC_2064.JPG

尾島さんの5回目はランチで数量限定のビーフヒレカツを紹介します。







横浜界隈だと豚カツの定食の相場が700円~1200円くらいなので

ビーフヒレカツで1000円というとコスパはかなりのものです。

これはお肉屋さんの直営だからこそできる離れ業ですね。

なかなか分かってもらえないところで、お店の努力を感じます。

DSC_2012.JPGDSC_2013.JPGDSC_2014.JPG


そして、今回の実食は撮影許可を頂いて、お話も少し伺うことができ

内容の濃いものとなりました。


 お店の皆さん、来店客の皆様ご協力ありがとうございました。


 食レポをされている皆様におかれましたはお店の混雑状況や
 他の来店客へ配慮し、許可を取る、ちゃんと趣旨説明をする。
 最低限のマナーとして、スタンダードにしていきたいですね。


DSC_2024.JPG

入店するとまず目の前に出てくる、お持ち帰り用の品々

お弁当から、総菜まで幅広いラインアップです。

前回の取材時はひな壇になってましたが、今回は平置きです。

商品の数や、季節、ラインナップで陳列方法も

工夫しているとのことでした。


今回何気に注目したのは、お水。

DSC_2019.JPG

ほのかに爽やかな柑橘の香りが大変爽やかです。





このスタイルの原型って、たぶんラーメン屋ですよね。

綺麗になって、お洒落になって横浜エリアの

特に、力の入ったお肉系のお店の

最先端、最旬といえるでしょう。


  花咲ブッチャーズストアさん等、皆さん同じ手法

  紹介記事はコチラ👇

  http://www.realgoodtaste.net/article/%E6%A1%9C%E6%9C%A8%E7%94%BA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81.html


堅苦しくならず、それでいてスタイリッシュな空間演出は

このカフェのオープン当初から変わらない拘りを感じます。



満席でしたので画角が上向きですが、少しでもお店の雰囲気が伝われば幸いです。

DSC_2020.JPG

DSC_2022.JPG

可愛らしさや、親しみやすさも随所に散りばめられています。

DSC_2021.JPG

このお店はな~んかお洒落でカッコいいんですよね~

お店のスタッフさんのユニフォームも素敵です。

お願いして、一枚撮影させていただきました。

DSC_2046.JPGDSC_2047.JPG

これは1バージョンに過ぎず、現在皆さんが着用しているのは

また異なったデザインなので、見に来てみてはいかがですか。

可愛らしい!でもスタイリッシュです。

DSC_2023.JPG

白を基調にした内装に濃い茶色と黒でアクセントをつけています。

DSC_2039.JPG

今回、しばらくぶりに伺ったら

ランチのメニューに異変が!!

DSC_2018.JPGDSC_2016.JPG

ハンバーグとカットステーキがワンプレートになったものと

今回実食のビーフヒレカツ(ランチ限定)

DSC_2045.JPG

はい、こちらです。

このサイズ感、写真で伝わるでしょうか。

そしてお供に付き添うのは

塩と山葵にソースです。

DSC_2044.JPG

このボリュームですから、味変もしっかり楽しめる

そんなセットになっています。

お肉のコストがかなりのものなのでしょう

サラダなどキャベツの千切りのみですので

しっかり野菜食べたい!と

ご所望の方は別途注文が必要ですが

意外に量あるので、いらないかな、、、

早速いってみましょう。

DSC_2055.JPG




一口目で感じたのは、しっかりした肉の味

そして、流石と思ったのは、肉の処理

ビーフカツは、硬くなりがちですが

そんなことないんです。

尾島さんですよ、ちゃんと考えたカットにしてあるので

食べやすく、適度なジューシーさが残ったビーフカツに仕上がっているので

美味しくいただけます。

DSC_2056.JPG

憎い演出です。

わざわざ3種の調味料を出しているのに

更にはからしも乗ってきています。

早速~

DSC_2057.JPG

合わないはずがない、美味しいです。

そして、ご飯も、、、

DSC_2058.JPG


皆さんは飲食店のご飯(白米)

拘りありますか。

話を聴いていくと

ご飯が不味いお店は嫌だ!と

気にしている方結構多いですよね。

こちらはご飯も美味しいので安心です。

山葵もいってみましょう。

DSC_2059.JPG

チューブの練り山葵でなく

本わさびの方ですので、香りがたちます。

また、本わさびの少ししっとりした感じが

ビーフによく合っていましたよ。

DSC_2060.JPG

塩もいってみましょう。

カツの塩はつけすぎ厳禁

ソース等と違いしょっぱいだけで

味のバランスぶち壊すので

慎重にフォークで少量をパラパラとつけていきます。

DSC_2061.JPG

はい、予想通り

写真の程度で十分です。

塩が適度な甘みと旨味を引き出して

十分な味わいになって楽しめます。

これは結構ポイントになってきます。

以外の味わいにも影響しますからね。

舌が感じる塩っ気は、味の感覚微妙に

変化させるのでつけすぎはやはり注意です。





DSC_2062.JPG

間にキャベツも挟んで

DSC_2063.JPG

どんどんいきます。

DSC_2064.JPG

自分が食レポをあうるようになって

なるほどね~っと思ったのが

孤独のグルメ

後半、ゴロウさんがひたすら食べまくるシーン

あれって、結局うんちくでは

どうやったって伝わらない

伝えきらないところがあって

食べきるまでを一気に魅せるのみ!ってことなんですよね。

これが、また難しくて。

実際に食べた美味しさを如何に伝えるか

課題です。。。

DSC_2065.JPGDSC_2066.JPGDSC_2067.JPGDSC_2069.JPGDSC_2070.JPGDSC_2071.JPG

大変美味しくいただきました。

尾島さんのシリーズはまだ続きます。

また次回
 1回目 ローストビーフ丼 👇

 http://www.realgoodtaste.net/article/464530443.html   

 2回目 マヨネーズ卵トースト 👇
 http://www.realgoodtaste.net/article/%E5%B0%BE%E5%B3%B6%E5%8D%B5%E3%83%9E%E3%83%A8%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%BA.html

 3回目 チーズバーガー 👇 
         http://www.realgoodtaste.net/article/%E5%B0%BE%E5%B3%B6%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC.html

 4回目 カツサンド 👇

 http://www.realgoodtaste.net/article/%E5%B0%BE%E5%B3%B6%E3%82%AB%E3%83%84%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89.html
  
 1回目 ローストビーフ丼 👇

 http://www.realgoodtaste.net/article/464530443.html   

 2回目 マヨネーズ卵トースト 👇
 http://www.realgoodtaste.net/article/%E5%B0%BE%E5%B3%B6%E5%8D%B5%E3%83%9E%E3%83%A8%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%BA.html

 3回目 チーズバーガー 👇 
         http://www.realgoodtaste.net/article/%E5%B0%BE%E5%B3%B6%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC.html

 4回目 カツサンド 👇

 http://www.realgoodtaste.net/article/%E5%B0%BE%E5%B3%B6%E3%82%AB%E3%83%84%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89.html
  


この記事へのコメント

スポンサーリンク