特別編【 八十八 (やそはち)】『川丁』横浜のおいしい鰻はココ!!鰻を食べてスタミナつけよう。明治43年創業の本物の老舗


記事の最後にメニューの全ページを掲載しています。
DSC_7230.JPG




日本の夏の定番となった鰻

食べてますか!!??

やそはち.JPG

本当の旬は産卵前の冬場ですが

夏に売れないうなぎ屋に相談され

平賀源内が土用の丑の日に

「 う 」の付く食べ物を!

なぁ~んてキャッチーなセールスで

流行らせたのは有名な話。

はい、今回は横浜の美味しい鰻の紹介。

但し、価格帯がサイトのコンセプトから

大きく外れる高級なお食事なので

” 特 別 編 ” でございます。



DSC_7227.JPG
昼時は凄い賑わいです。

地域柄、行政機関が集中している

横浜市中区ですから外交官ナンバーも

良く見かけるお店です。

DSC_7228.JPG

場所は野毛の都橋をずっと進んで左側

最寄り駅はJR関内駅

伊勢佐木モール入り口を通り過ぎて

右側となります。


公式ホームページ👇
やそはち2.JPG
贅沢ですが昼でもまずはビールから!!

DSC_7252.JPG

さぁ!いただきましょう!!



DSC_7271.JPG
高級店の為撮影に制限がありました
動画をご覧ください。



薬味も充実

DSC_7268.JPG

DSC_7269.JPG

流石の山椒は香りも辛さも絶品!!

店内は骨董品級の趣のある

品々で盛り上げてます。

(雰囲気作ってます)

DSC_7253.JPG

DSC_7265.JPG



DSC_7264.JPG

DSC_7262.JPG

DSC_7266.JPG

DSC_7263.JPGDSC_7233.JPG



横浜で美味しい鰻を食べたくなったら

是非とも八十八へ!!

お試しくださいませ。

DSC_7261.JPG



DSC_7272.JPG



以下

メニュー一気出し!!

DSC_7237.JPG

DSC_7238.JPG

DSC_7239.JPG



DSC_7240.JPG

DSC_7241.JPG

DSC_7242.JPG

DSC_7243.JPG

DSC_7244.JPG

DSC_7245.JPG

DSC_7246.JPG



DSC_7247.JPG

DSC_7248.JPG

DSC_7249.JPG

DSC_7250.JPG

土用の丑の日はうなぎ

 「土用の丑の日にはうなぎを食べる」

というのが日本の伝統になっていますが

あれは何故でしょうか?

 これには諸説あって

正確な由来はわからないそうですが

江戸時代の学者・平賀源内が、

鰻屋に頼まれて作った宣伝コピー

という説が特に有名です。

●土用の丑の日とは?

 夏の土用の間で日の十二支が丑である日のこと。

暦を見ればわかりますが

七月の二十五日あたりです。

●平賀源内のエピソード

 平賀源内(1728~1780)とは

江戸時代の有名な蘭学者で

エレキテルを修理して

紹介したりしたことで有名です。

 とにかく多彩な人で

学問や発明以外にも

浄瑠璃の台本を書いたり

油絵まで書いてしまうという

いわゆる「天才」で

江戸では知らない人はいない

という有名人だったようです。

 もともと鰻の蒲焼は

味が濃くてこってりしているので

夏にはなかなか売れませんでした。


 そもそも、鰻の産卵期は冬なので

多くの魚と同じく

産卵前の脂を蓄えた

秋~冬が一番美味しい「旬」なので

旬から外れた夏の鰻は

いまひとつ人気がなかったようです。

 そこで鰻屋が

夏でも鰻が売れるようにするために

知恵者で有名な平賀源内に

アイディアを授かりに行ったというわけです。

 鰻屋から相談を受けた平賀源内は

「丑の日だから

『う』のつくものを食べると縁起が良い」

という語路合せを考えます。

 また、鰻は古来より精をつけるのに

良い食べ物として知られていたことも利用し

「精のつく鰻は夏を乗り切るのに最適」という

セールスポイントを加え

そして、鰻屋の店の前に

「本日土用丑の日」と書いた

誰の目にもつく、とても大きな看板を置かせたのでした。

 街を行く江戸っ子達は

人目をひく大きな看板を見て

「本日土用丑の日…?なんでぇ、こりゃあ?」

「今日って何かあったかい?」などと

いぶかしがって店の前で足を止めます。

 そこですかさず鰻屋の店主がすり寄って

平賀源内から授かった宣伝文句を用いて

次々と客を引き込み

かくして鰻屋は大繁盛となったそうです。

 そして、それを見た他の鰻屋も

みんなそれを真似をするようになり

以来、土用の丑の日には鰻を食べる

というのがいつしか風習として根付いたそうです。

 たったそれだけのこと?

と思われるかもしれませんが

この「土用丑の日」というのは

今でいうところの「キャッチコピー」だったわけです。

 平賀源内は、この他にも色々な

宣伝文句の依頼を受けていたそうで

「コピーライターの元祖」とも言われています。

 宣伝力に差がいかに

商売に直結するかは言うまでもありませんが

今日の日本でも「鰻で精をつけて夏を乗り切る」

というイメージが定着していることからも

平賀源内が考えたのかどうかはともかく

相当優れたコピーだったと言えます。

 そんなわけで、この「土用の丑の日」

の印象が強すぎるせいか

鰻の旬を夏だと思っている方は結構多いようです。

でも、鰻の旬は秋~冬です。

味としては、冬の方が脂がのっていて美味しいと思います。



最後までご覧頂き有難う御座いました。

引き続き実食を基にリアルな食レポと

地域、お店、スポットの情報を

ユーザーに有益な情報として

お知らせいたします。

SNSのフォロー

YouTubeのチャンネル登録お願いします。

Twitter ⇒  https://twitter.com/relatec2017

Instagram ⇒ https://www.instagram.com/relatec2017/

YouTube ⇒ https://www.youtube.com/channel/UC6C5kaX_RpwPH7vWZ0miZiw

この記事へのコメント

スポンサーリンク