【 豊野丼 】横浜NO1の天丼屋 ” 秋刀魚天丼 ” 横浜橋商店街入口にある地元で人気&老舗の天ぷら専門店 " Tempura Bowl of mackerel saury pike " NO1 of In Yokohama ' Tempura

DSC_3512 (1).JPG
横浜の天ぷらというとあまり印象無い方も多いでしょう。

確かにカツレツやナポリタン等の洋食が

圧倒的に知名度を誇りますから。

そんな横浜でも地元で人気の

大衆に好まれる美味しい天ぷらがあるので

紹介します。

【 豊野丼 】 さん

YouTubeにアップした紹介動画👇


伊勢佐木モールにもお店あります。

横浜橋商店街には天ぷらのお店と

丼物のお店があります。

今回は【 豊野丼 】さんに注目!





このアクセスの決して良くない立地において

毎日開店前から行列を作っているのも印象的

DSC_3542.JPG

表現が難しいですが

決して賑わっているとは言えない

そんな通りにこの突然の列をなす!

DSC_3496.JPG

こんなこじんまりの店構え

商店街入口の天ぷら屋さんは

DSC_2224 (1).JPG

こんな感じ、同じ通りで興味深いです。








今回は悩んだ結果、やっぱり旬を食べよう!と決断!
DSC_3497.JPG

秋刀魚天丼です。

キャッチフレーズもなかなか面白いですね。

「秋だ!!祭りだ!!サンマだサンバ」

お店のおススメは小柴のあなご天丼です。

実際お客さんの大半はコチラを注文していました。

DSC_3498.JPG

DSC_3499.JPG



DSC_3501.JPG


秋刀魚天丼を注文し調理を眺めつつ

店内の様子を楽しみます。

DSC_3502.JPG

単品もありました。

おススメの小柴のあなご天丼に

追加で単品秋刀魚てんぷらでも

よかったですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~

個人的にはマグロの単品が、、、

ああぁ~マグロの天ぷら~

ビールと一緒に頼みたいぃ~

胃のキャパが完全に足りないの

解っているので断念、、、残念

これはまた次回に、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~


ガッツリ楽しみたい方には

この組み合わせが鉄板でしょう。

DSC_3503.JPG

クレイジーケンバンドのメンバーさんも

いらっしゃっている模様

DSC_3505.JPG



DSC_3507.JPG

大きな中華鍋2枚で

手際よく丹念に揚げる

その天ぷらは興味津々です。

又、油も綺麗です。


余談ですが揚げる油を二種使うのは

深い意味があります。

火を通す油は温度低め

仕上げに衣をサクッとさせ

仕上がり加減を整える温度高め

日本料理店は当たり前にしていますが

大衆店ではなかなかこうはいきません。

目の前で温度の異なる油に移して

仕上げる天ぷらは期待が膨らみます。




DSC_3508.JPG

DSC_3509.JPG

DSC_3510.JPG

DeNAベイスターズの選手や

FM横浜の関係者でしょうか

壁には沢山のサインが所狭しと書き込まれて

賑やかを通り越して何が何だかわかりません。





そうこうしていると着丼です。

DSC_3512 (1).JPG

想像ではよくあるエビ天丼のように

はみ出して盛られてくるのかな、、、と

思いきや、まさかの別皿。

DSC_3514.JPG

しかも頭だけ落として

まるまる1本(1枚)です。

「おぉ~!」と感嘆しました。

そしてもはや主役がどちらか

解らなくなるこのナスの迫力

DSC_3513.JPG



いいじゃぁないですか。

これはおススメできます。

昔ながらの天ぷらなのに

このボリュームとコスパ。

高級店の異常に軽い衣で

サクサクってやつではないです。

でも、「ザ・テンプラ」日本人なら

だれもが「そうそう!これこれ!」と

納得のあの懐かしい天ぷらで

この迫力は良い驚きです。

早速秋刀魚から!

DSC_3520.JPG

このシズル感溢れる秋刀魚の天ぷら

血合いまで綺麗に揚がってます。

ホクホクに仕上がりながら

この秋刀魚独特の香りと味

風味という一言で済ますに勿体ない。

正に日本食の旬の味です。

外国では絶対にありあえない

この贅沢は日本人の特権でしょう。

DSC_3521.JPG

ご飯もツヤツヤで硬めの炊き加減は

非常に相性が良いですね。

このご飯物の白米の塩梅は

非常に重要です、炊き加減、甘み

食感と、特に粒を感じる舌ざわり。

満足感を大きく左右します。

DSC_3522.JPG

このナス

満足感が加速します。

「秋ナスは嫁に食わせるな」と言われるほど

美味しい旬の食材です。

DSC_3522.JPG

豊野さんの素晴らしいポイントは

その白米の炊き加減と天つゆの

濃さ、塩加減、量にあります。

DSC_3524.JPG

天丼のチェーンなどは

ついつい丼タレに頼って

ご飯がべちょべちょになりがちですが

流石は豊野さん、この辺が違って

ご飯の一粒一粒が口の中で

感じられます。

簡単なようで難しい事なんですよね。

DSC_3525.JPG

浜っ子の皆さん、いやいや

横浜を愛する全国の皆さんに

食べて頂きたい地元の味です。

一緒に頬張る至福

DSC_3528.JPG



甘さとホクホク感で

味変と共にまた違った

愉しみを感じさせるかぼちゃ

DSC_3532.JPG

丼タレをかけすぎないで

白米の味をちゃんと考えたバランス

素晴らしいですね。

沢山食べている人ほど

この凄さは理解されるのではないでしょうか。

DSC_3530.JPG

箸が止まりません。

DSC_3535.JPG

半身のピーマン

その独特の苦みと甘みの

コンストラストは非常に

良いアクセントになり楽しめました。

DSC_3537.JPG

最後まで肉厚の秋刀魚に

圧倒されつつ楽しみつつ

DSC_3540.JPG

尻尾まで余すことなく完食。

DSC_3541.JPG

ご馳走様でした。

_______________________________________________

営業時間

11:00~14:30(L.O.14:20)
17:00~20:00(L.O.19:50)
※ライス・やる気が無くなったら終了です

定休日 日曜

________________________________________________

グーグルマップはコチラ👇


公式HPはコチラ👇
http://www.tomocci.com/toyono/




この記事へのコメント

スポンサーリンク